読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覆水盆に返らず

2016年12月にSDgrをフルチョしてしまいました。

SDgr63番フルチョイスレポ(前編)

フルチョレポ

唐突ですが、この間フルチョイスをしました。

ボディはSDgr少年、ヘッドは天使の窓にクリスマス期間限定で降りてきていた63番です。

フルチョイス自体初めてではないのですが、このフルチョをするにあたり多くの方のブログを参考にさせて頂きました。そのため、私も少しでもこれからの助けになればと思いこのフルチョレポを書くに至りました。

ちなみにモデルは当方の創作キャラクターです。…仮に名前を”ナガレ”としておきます。

 

今回はパーツ編です。長くなるので続きからどうぞ。

 

来る12月某日、天使の窓へ行って来ました。

行っておいて「予約がいっぱいです」と言われるのは避けたかったので事前の予約は忘れずに。確かフルチョを行う週の月曜に電話したのですが、普通に予約することができました。

着いて少しコーディネートモデルを眺めた後早々に地下1階へ。カウンターにいた店員さんに「フルチョイスの予約をしていた者ですが…」と声をかけ、フルチョ開始です。

 

最初に「フルチョイスは初めてですか?」と聞かれたので「2回目です」と。それでも事前説明はあったので、何回目でも関係なく注意はされるんですね。

ここでびっくりしたのが、電話でのメイク変更が1回に限り可能になっていたこと。以前フルチョしたのは1年程前なのですが、その時は直接来店しなければ変更できなかったので…チョイスアイなどその場で選ばなければならないものは来店しなきゃいけないみたいですけどね、この点は改善されたな~と思いました。

 

説明はそこそこに、遂に本題へ。

 

まずはボディサイズと肌の色です。

私の場合はSDgrノーマル肌とほぼ決まっていたのですが、試しにと改良版のSD少年ボディを見せて頂きました。grと比べるとやっぱり幼いというか…ひとつひとつのパーツが太い?感じでした。あとgrの方が筋肉感あります、ここ大事。そして関節が多いです、お尻のところの関節のお陰であぐらがかけるらしいですよ。

1万3000円の差で悩んだ時期もありましたが、初志貫徹で『SDgrノーマル肌』に決定。さよなら私の10万円。

 

次にヘッドです。

これもまあ63番に決まっていたのですがせっかくなので…と63番の他に63番に似ている(と個人的には思っている)59番と、少し気になっていた54番、そして大人っぽいイケメンヘッドな40番を出して頂きました。…40番少し優男すぎるかな。59番頬のラインが幼い感じ。54番は女の子っぽすぎる。

やっぱりつり目気味で下瞼が直線な感じが好きだし気が強そうでナガレに合ってるな~ということで、『63番』に決定。

 

「メイクはオーダーですよね?」ということでさらりと『オーダーメイク』に決定。

 

次は確か…胴体、脚と足、手とか腕とか…そんな感じの選択肢があまり無いものだった気がします。

胴体と脚はgrだと1種類しかないのでひょいと流します。

まず足。普通足と下駄履く用の足の2種類。下駄履かせる予定は無いので『普通足』に即決。

次に腕だったかな?腕は普通のと筋肉表現されたものの2種類あります。普通のものの時点で結構筋張った感じが表現されているんですけどね、筋肉腕はすごいです。まさに筋肉!って感じです(語彙力)ナガレは腹筋割れてる設定なので『筋肉腕』に決定。腕まくりさせたい。

次、手。gr用の大きめのもの(フルチョ限定)から選びました。手が開いたもの(9番)と僅かに握っているもの(11番)とで悩んだのですが、汎用性が高そうな『開いたもの(9番)』に決定。

 

次は睫毛だったと思います。

ナガレは紺色の髪設定なので、それに合わせた色を選びました。色付きのものだと短いスタンダードなものしか選べないので、形は自動的にそれに。

色はブルーとダークブルーで悩みました。ブルーは本当に青という感じ、ダークブルーはよく見ると紺色、光に透かすとあ、青…ってなる色です。DAさんに「せっかくの色付きなので、青と分かるブルーもいいですけどね~」と言われて確かに…と思ったのですが、イメージ優先で『ダークブルー』にしました。付け方は自然に見える『内付け』で。

あと、睫毛は色が濃いもののほうが目力が強くなると聞いたことがあったので。こう、本当目付き悪ッて感じのつり目なので、ナガレは…。

 

次はグラスアイでした。

事前に入れる予定のグラスアイはディーラー様から購入していたので、チョイスアイからできるだけ虹彩やドームが整っているものを選ぼうとしました…が、酷い。チョイスアイのクオリティが明らかにやばい。イメージとしては黄身が割れた目玉焼きがちらほら。物売るってレベルじゃねーぞ

…多分、フルチョイスオーナー向けの販売をしている期間だったからだと思います。チョイスアイはその場で選べるので。良いものから売れていくのは当たり前ですし。ちなみに色は綺麗なものが結構ありました。深紅のアイとか惹かれましたが、使う予定は無いので…。

それでも、できるだけ綺麗なものを…!と凝視した結果、虹彩が細かくドームも他より高いアイを見つけることができました。サイズは『18/9mm』、色は『グレー系』のものです。アイはこれで決定。

 

次はウィッグです。

前述のとおりナガレは紺色髪なので、色だけはネイビーに決まっていました。あとは形。ここで候補に挙がったのは、9月のすみかフェアから追加されたショートウルフとエアリーウルフでした。が、新しいウィッグということで、上記二つのネイビーの現物はまだ無いらしく。そのため形は違うけど色はネイビーのウィッグと、形はショートウルフ、エアリーウルフそれぞれだけど色は違うものの合計3つを出しながら悩むことになりました。

試しにDAさんにつけて頂くと…エアリーウルフは短すぎました。きっちり七三分けという雰囲気に。もうちょっと長い方が良いな~と思い、次はショートウルフを。これは”ショート”なのにエアリーウルフより長めで、ナガレのイメージにぴったりでした!ということで『ショートウルフ』の『ネイビー』に決定。

 

最後にゴムのきつさ。

普通でも自立に問題ないということでしたので、特に悩まず『普通』に決定。よく他の方々のフルチョレポですとややきつめとかあるらしいですけどね、私のときは特にそんな話題はありませんでした。

 

これにてパーツ選びは終了。説明からここまでで大体20分かからないくらいだったかな?ナガレというイメージがあったので、あまり悩まずに済みました。

 

あ、あとオプションで下着セットをつけました。800円と予想より安価だったのと、色移り防止のために。

里帰りオプションは無しで。パーテイングライン気になりませんし、黄変は遅かれ早かれするものですし、自立はスタンド買うしということで。…しかも、パーティングラインて里帰りの基本セットになってるんですよね、まとめてやってもらった方が明らかにお得じゃないですか~と…すみません、ケチで。

 

この時点でお値段と連絡方法を確認して、パーツオーダーは完了です。お値段(約10万円)にヒエッとなりますね、働かなくちゃ………。

 

次は本番オーダーメイク編です。